COMMENTS
TRACBACK

東京旅行2日目
今日も東京地方は晴れで気持ちよいお正月を迎えています。

9:23ホテル出発
先に浅草寺に参拝する

朝の浅草寺
朝の浅草寺

昨夜のような行列は無かったが、
仲見世は人がいっぱい出ていた。



朝の仲見世
朝の仲見世

ここでも確かにたくさんの中国からの観光客が多いようだ。

10:15
地下鉄浅草より、京成経由で柴又へ向かう。
京成を経由して切符を買うのには思考力がいる。

東京地下鉄の駅には、複数枚数の運賃表がある。
2種類以上の私鉄が地下鉄に乗り入れている。

柴又駅到着

寅さん像
寅さん像

寅さん像2
寅さん像の前にて


帝釈天までの参道には人が溢れている。
途中の「高木屋」でたんごを買い食べる。

高木屋
高木屋



帝釈天は、靴を脱いで本堂の内部まで上がって参拝できる。

帝釈天
帝釈天



柴又は、四中時代の学年旅行以来12ぶりとなる。

帝釈天より京成高砂まであるき、京成で上野へ向かう。

12:08
京成上野発 普通に乗る

12:28
京成上野着 ここより湯島天神をめざす。
上野駅から湯島天神に近づくと参拝者を交通規制していて、
かなり遠くまで回らされ、そこから鳥居まで一本道を並んだ。
東京の人は学問や入試に関心が高いのだろう。

湯島天神参道
湯島天神参道に並ぶ人



湯島天神
湯島天神

毎年、京都の北野天満宮へは行くのだが、通行制限はなかった。

境内も京都の天満宮に比べると小さい。

そのあと湯島聖堂をめざした。

湯島聖堂
湯島聖堂




ここは五代将軍徳川綱吉が幕府の武士に儒学を教える場として建てたものである。

15:15
お茶の水で山手線へ
神田を経由して巣鴨へ向かう

そのあと湯島聖堂をめざした。

15:15
お茶の水で山手線へ
神田を経由して巣鴨へ向かう

巣鴨商店街
巣鴨商店街

ここは「とげぬき地蔵」で知られる。
高齢者の参拝が多く「おばあちゃんの原宿」と呼ばれていたこともある。

とげにき地蔵
とげぬき地蔵

参道にはたくさんの商店が並び、下町の風情を残してる。

それにしても東京の商店街はどこも活気がある。

正月であるからかもしれないが、シャッター通りになって
いるところは少ない。



とげぬき地蔵は、お地蔵さまに水をかけて布で拭くと
ご利益があるようで、多くの人が長い列を作っている。
時間がないので諦めて戻ることにした。

巣鴨商店街の前を3台のランボルギーニが走って行った。
おそらく愛好家のクラブチームだろう
大阪では1台でも見ることはない。
さすがに東京だと思う。

ランボルギーニ
ランボルギーニ



そのあと、新宿へ向かう

さすがに日本一の繁華街だけのことはある。
人が多く思い思いの方向に歩いている。
日本中の活力が集まっているようだ。

新宿1
新宿

新宿2
新宿

伊勢丹の地下食料品コーナーでパンを購入

ジュンク堂で娘の漢字の本を購入

新宿から神田を経由して浅草へ戻る

浅草のインド料理レストラン「シャゴリカ」で夕食
ここはバングラデシュ人が経営しているレストランで、
チーズの入ったナンなど普通のインド料理とは違った
ものあった。

シャゴリカ
シャゴリカ

シャゴリカ料理
シャゴリカ料理

| 玉井智与治 | comments (0) | trackback (0) | 今日の出来事と動き |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://tamachiyo.com/php/blognplus/tb.php/776
トラックバック
このページの先頭へ
CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前  2017年05月  次>>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.458746秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ